他はいらない、一つのコトにこだわる。おすすめの【単機能電子レンジ】と選び方

キッチンの必需品ともいえる「単機能単機能電子レンジ」。最近の単機能電子レンジには、食材をあたためる以外にもこんがり焼き上げるオーブン機能や、水蒸気で蒸したり揚げたりできるスチーム機能など、さまざまな機能が備わっています。
しかし、単機能電子レンジの機能やサイズ、価格帯は製品によって大きく異なるため、事前にチェックしておくことが重要です。

そこで今回は、黒のおすすめ単機能電子レンジをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【単機能電子レンジの選び方】

  • 庫内容量で選ぶ
  • 庫内の構造で選ぶ
  • 最高出力・最高温度をチェック

単機能電子レンジとは

「単機能電子レンジ」とは、電子レンジの基本機能である「あたため機能」のみを搭載した製品です。食材をあたためたり解凍したりできれば十分な方には、単機能電子レンジが適しています。製品の仕様や操作方法がシンプルなので、気軽に使用できるのが特徴です。
また、本体サイズは比較的コンパクトなタイプが多いため設置スペースを確保しやすく、価格がリーズナブルなのもポイント。なお、製品によっては、あたためたい食材を指定することで適温に調節する「自動あたため機能」を搭載しているモノもあります。購入時には、出力調節機能などの基本的な機能とあわせて、製品特有の機能が搭載されているかをチェックしてみてください。

単機能電子レンジの選び方

庫内容量で選ぶ

家族の人数などを考慮しつつ、庫内容量もチェックしておきましょう。一人暮らしなら20L以下の小型の電子レンジがおすすめです。必要以上に大きいと設置場所に困るほか、無理して不安定な場所に設置すると、転倒や落下によるケガや火災にもつながります。
二人暮らしには25L前後の中型サイズがおすすめ。小型タイプは機能がシンプルなタイプが多い一方、中型サイズにはあたためる以外の機能が充実しているモデルもラインナップされています。自動メニューを活用してさまざまな調理を楽しみたい方にも適したタイプです。

庫内の構造で選ぶ

ムラなくあたためられる「ターンテーブル式」

「ターンテーブル式」とは、食材を乗せるための丸い土台が回転するタイプです。加熱に必要な「マイクロ波」が一定方向からしか放出されませんが、土台を回転させることでマイクロ波を全体に当てて、均一に食材をあたためられます。

ターンテーブル式は、構造がシンプルでリーズナブルな価格帯のモデルが多いので、気軽に購入できるのがメリット。しかし、大きな食材をあたためる場合、ターンテーブルが回転する際に庫内で引っかかってしまい、加熱にムラが出てしまうケースがあるため注意が必要です。

大きな食材にも対応できる「フラットテーブル式」

「フラットテーブル式」はマイクロ波を庫内に拡散させる仕組みを整えているため、ターンテーブルなしでもムラなく食材を加熱できるタイプです。庫内の下面に直接食材を置いて容量いっぱいにスペースを使えるので、一度に多くの食材をあたためられるほか、大きなモノが庫内で引っかかってしまう心配もありません。

最高出力・最高温度をチェック

電子レンジの最高出力は製品によって異なり、500~1000Wまで幅があります。出力が高いほど加熱時間を短縮できるので、素早くあたためたい方は最大出力の高いモデルがおすすめ。なお、あたためたい食材によっても適したW数は異なるため注意が必要です。
コンビニ弁当やお惣菜など調理済みのモノをあたためる場合は、熱を加えすぎると味が落ちてしまうので、高いW数を選んで短時間で加熱するのがおすすめ。一方、弱火で長時間熱を加えたい煮込み料理や、均一に熱を通したい冷凍した肉魚などは、低いW数でじっくりあたためるとしっかり加熱できます。

扉の開閉方向をチェック

電子レンジの扉はモデルによってさまざま。設置する場所によって使い勝手が悪くなる場合もあるため、注意が必要です。縦開きタイプは軽い力で開けやすいほか、扉の上に食材を一時的に置けるので便利。しかし、高い場所に設置すると食材を取り出しにくくなるため注意しておきましょう。
一方、横開きタイプは、比較的高い場所に設置しても食材を取り出しやすいのが特徴。なお、扉を開ける際、縦型タイプより若干重さを感じるのが難点です。

【単機能電子レンジのBLACK LIST①】|ツインバード 電子レンジDR-D269B

「見せる家電」 。

操作部までミラーデザインにこだわることでシンプルで美しい外観が生まれました。

また、操作パネルもシンプルで直感的に操作できます。いつもの出力・時間なら設定のいらないメモリー機能を搭載。

ワンプッシュで記憶させた設定を呼び出し操作もラクラク。

オープンキッチンにも映えるデザインを目指しました。調理中のみ庫内灯が点灯。

特徴①ON/OFFで印象を変える庫内灯

調理中だけ庫内を点灯。

使わないときには外観が反射し、中身が見えないミラーガラス仕様。

インテリアとしても美しい、「見せる家電」。

特徴②庫内を広々使え、お手入れも簡単なフラットタイプ

ターンテーブルのないフラットタイプ。

大皿や角皿も気にせず置ける庫内寸法、

約 W320mm×D330mm×H185mm。

平らな庫内は掃除も簡単。

特徴③シンプルデザイン・シンプル操作

押すたびに切り替わるモード選択。

夜間にも使いやすい、ブザーのならない静音モード。

普段使う設定をワンプッシュでメモリー設定可能。

Amazon高評価レビュー

 デザインもスマートですよ!
ターンテーブルが無いのがとてもスマートです。キッチンにピッタリのブラックが良くないですか?
音も小さくて、家内も絶賛です。
 コスパよし!

おしゃれでターンテーブルもないので最高です!
オーブントースターを持っているので、電子レンジは温め機能くらいしか使わないのでこれで十分です!

【単機能電子レンジのBLACK LIST②】|アイリスオーヤマ 電子レンジ PMO-22T-B

用途に合わせて4段階の調理モード(強/900W・700W、弱/500W、解凍/200W)切替で簡単調理ができるヘルツフリーの電子レンジです。
タイマー機能付で加熱調理や解凍ができます。
直径約27cmのターンテーブルが付いています。

特徴①インバーター式

東日本と西日本どちらでも使用できる、インバーター式の電子レンジ。引っ越しの際などでも、買い変え不要でそのまま利用できる。

インバーター式ではないヘルツフリー機種に比べて出力が高く省エネ。

特徴②ハイパワー900W

あたためも解凍も簡単操作。

出力4段階切り換えで用途に合わせて使い分けができる。

【出力切り替え4段階】900W/700W/500W/200W

便利なタイマー機能付き。

特徴③お弁当あたため機能

お弁当のサイズを選択するだけで、時間設定することなく自動で温め。

特徴④チャイルドロック

スイッチに触れても作動しないチャイルドロック機能付き。小さなお子様のいるご家庭でも安心

Amazon高評価レビュー

すごく良いと思います。
・予算一万円以内で買える
・900W使用可能で使える(500W・200Wも可)
・マニュアルでも設定しやすい
・デザインがシンプル(飽きない)長期間使用に耐えてくれる事を願って五つ星。
 愛用しています

前の電子レンジが古くなり、こちらに替えました。設定もデジタルで、終了したらお知らせしてくれます。年寄りにはとても便利です。

【単機能電子レンジのBLACK LIST③】|アイリスオーヤマ ミラーガラス 電子レンジ MO-FM1804-B

特徴①スタイリッシュで使いやすい

フラットテーブルで庫内広々の、ミラーガラス電子レンジ。

おしゃれな見た目と使いやすさで、食事の時間がさらに楽しくなる。

特徴②ワンランク上のキッチンに

上質な空間を演出する、ミラーデザイン。

使用しない時もおしゃれに溶け込み、置くだけでワンランク上のキッチンに。

特徴③簡単操作

わかりやすい操作パネルだから、操作がらくらく。

お子様からご年配の方まで、どなたでも簡単に使える。

特徴④3種類のオートメニュー

のみもの・ごはん・お弁当の3種類のオートメニュー。

メニューを選び、スタートボタンを押すだけで温めることができる。

特徴⑤手動温め

手動で温めることも可能。

美味しさを逃がさず加熱ができるから、いつでも温かく美味しく食べられる

特徴⑥大きめの食材も、らくらく温め

お弁当や大きな食材もすっぽり入る。

小分けにして温める必要なし。

Amazon高評価レビュー

コスパはいいです
フラットのために掃除もしやすく、ターンテーブルに乗らないものでも温められるため便利です。
コスパは抜群で10800円でアマゾンから購入しました。
 デザインが良い!!

見た目がオシャレ、縦開きの扉は鏡の様に反射、中はフラットで他の商品に比べて広く、操作方法も簡単、で価格が1万ちょいは安い方だと思います!!
他のレビューに書かれている押しボタンが固い件と音がうるさい件について…確かに押しボタンは少し固いですが、反応しない訳でもないので、これは慣れるしかないです。音は電子レンジの前でずっと見張っている訳でもないので、うるさいとは思いませんよ。

合わせてGETしたいアイテム

単機能電子レンジ BLACK LISTまとめ

【単機能電子レンジの選び方】

  • 庫内容量で選ぶ
  • 庫内の構造で選ぶ
  • 最高出力・最高温度をチェック

紹介した単機能電子レンジはこちら