ピザトーやグラタン、いろいろな調理をお任せできる!おすすめの【オーブントースター】と選び方

パン作りだけでなく肉料理やケーキなど、いろいろな調理ができるオーブントースター。電子レンジやオーブンとは異なるメリットがあり、最近は多機能モデルもラインナップされています。

そこで今回は、黒のおすすめオーブントースターをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【オーブントースターの選び方】

  • ワット数の調整の可否で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • メンテナンスのラクさで選ぶ

オーブントースターの選び方

ワット数の調整の可否で選ぶ

オーブントースターを選ぶ際はワット数を確認することも大切ですが、一般的なオーブントースターの最大ワット(W)数はほぼ同じで1200W前後。そのため、ワット数だけでなく、ワット数の調節の可否や細かさを確認することも重要です。

ワット数の調節は電力の数値をそのまま表示するモノと、温度を表示するモノがあり、それぞれ3〜6段階程度のざっくりとしたタイプから、ダイヤル調節で詳細な設定が可能なタイプまでラインナップされています。

サイズで選ぶ

電子レンジや炊飯器などキッチン家電で溢れている台所では、オーブントースターを設置するスペースがなかなか確保できないこともあるので、サイズ感をよく考えるというのも大切な選び方です。オーブントースターのサイズは、一般的に幅35cm程度、高さは25cm程度が相場です。

奥行きは庫内容量によって異なり、小さめだと28cm程度ですが、大きいモノだと35cm程度。オーブントースターの中には、庫内容量を確保しつつ、内部構造を2段の縦長にすることで、奥行きを抑えている機種もあります。また、ごく少数ですが幅25cmクラスの超小型機も。置き場所で困らないためには、奥行きの確認も重要です。

メンテナンスのラクさで選ぶ

食材から出るゴミが庫内に溜まりやすいオーブントースターは、内部の掃除のしやすさも大切。食材のカスなどを放っておくと、そこから発火したり、故障につながったりしてしまいます。

掃除のしやすさを判断する上で大切なのは、まずパンくずトレイが取り外し可能か否かです。次に、前面ドアの着脱の可否。簡単に丸洗いできるモデルなら、いつも清潔に使用できます。なお、パンくずトレイは多くの機種に搭載されていますが、着脱ドア採用機は少数です。

【オーブントースターのBLACK LIST①】|バルミューダ(BALMUDA) スチームオーブントースター The Toaster

BALMUDA The Toasterは、最高の香りと食感を実現する究極のトースター。バルミューダだけのスチームテクノロジーと完璧な温度制御が感動の味を実現しました。最初にパンの表面にさっくりとした焼けた層を作り、中の水分を閉じ込めます。次に内部をしっかり温めて、最後に焼き上げ。表面は香ばしく焼きあがっていながら中は水分をたっぷり含んだ、コントラストに富んだ食感を実現

特徴①トースト

トースト、チーズトーストの2つのモードは、表面にこんがり焼色を付けるのが特徴です

特徴②リベイク

中までアツアツにあたためるのがリベイク。表面の仕上がりに応じてフランスパン、クロワッサンの2種類のモードがあります。

特徴③クラシックモード

スチーム調理は行わず、表記の温度になるよう温度制御を行います。

170℃:クッキーなどの焼き菓子に。

200℃:グラタンなどじっくり火を通す調理に。

230℃:お餅など焼き目をつける調理に。

 

【The Toasterの特徴】

  • 独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御によって、最高の香りと食感を実現する究極のトースター
  • トーストモードのほか、チーズトースト、フランスパン、クロワッサンモードを搭載
  • 従来のトースターと同じ動作のクラシックモード (170℃、200℃、230℃)も搭載
  • プラス1分で、冷凍されたパンも簡単に、おいしく焼きあげます
  • 焼きアミ、ボイラーカバー、給水パイプ、パンくずトレイは取り外して洗うことができます

Amazon高評価レビュー

 評判通り
評判通りに良いものです。
使ってみてよくわかったのは、安いパンを焼くとさらに美味しく、高い良いパンを焼いてもさして変わらないということです。200円以下の食パン、特に大手メーカーの大量流通しているようなパンを焼くと劇的においしくなります。
 トーストがカリッとふわっで、とってもおいしく焼けます。

トーストで使用しています。
今まで数千円の安いトースターを使用していましたが、比べてみると歴然です。
安いトースターでは全体的にガリガリになってしまうのに対し、バルミューダでは外はカリッと中はフワッとする絶妙な仕上がり具合でした。
バルミューダを買った後は食パンの消費量が増えました。
もちろんパン以外にも普通のオーブンとしても使用でき、スイッチを切り替えればスチーム無しでの調理も可能です。

【オーブントースターのBLACK LIST②】|タイガー魔法瓶(TIGER) オーブントースター うまパン KAE-G13N-K

特徴①深皿トレイでフレンチトースト

いつもより早く起きた日はちょっと気分を変えてフレンチトースト。付属の深皿の調理トレイがあるからフレンチトーストもお手のもの。ふんわり甘い一日の始まり。

特徴②おいしく香ばしいトーストを焼くために

①トーストを美味しく焼くトリプルヒーター設計

トーストを焼きムラなくおいしく焼くために3本のヒーターを最適なワット数で配置。上から550W、下から750W(前方400W、後方350W)で熱を与えます。これがタイガーこだわりのバランスです

②1300Wのトリプルヒーター熱をパンに伝える

熱反射の高いガルバニウム鋼板を側面に採用。また庫内後部に角度をつけて手前へ熱反射を促進し、トーストを香ばしく焼きあげます。

特徴③朝だけじゃない。夕食の調理もできる、無段階温度調節&30分ロングタイマー

約80度~250度の無段階温度調節と、最大30分のロングタイマーを採用しました。じっくり温めるものから、素早くしっかり加熱するものまで、料理のレパートリーが広がります。

特徴④大きくせり出す焼きアミ

焼きあがった熱々のトーストや奥のものも取り出しやすい大きくせり出す焼きアミ。トーストや料理が取り出しやすい設計になっています。

特徴⑤広い庫内。トーストも3枚同時に!

横幅が約30㎝、高さが約10㎝の広い庫内を採用しました。

Amazon高評価レビュー

 機能も十分、質感も良い。この価格帯ではオススメと思います
80度~250度まで無段階につまみを回して調整できる。
タイマーは昔懐かしのゼンマイ式なので、5分以下の温めは6分以上まで回してから戻さないと正確な時間を刻めない。しかし…つまみを戻すのが非常に硬く、勇気がいる。
前面の蓋を丸ごと外すことはできないが、手入れは普通に出来ると思う。
脚がしっかりしているので安定感はあるが、滑り止めは無いので、置く場所の材質によっては滑るかもしれません。
質感はとても良い。
すごく良いです

とにかくパンとお餅が焼ければいいと、
KOIZUMIのトースターを使っていましたが、
タイマーが5分で奥行きもなく使い勝手が良くなかったので
少し値段は張りますが、こちらを購入。
グラタンもしっかり焼け、トーストも格段に美味しいです。
1300wと言うのと温度調整が出来るものは
こんなに良い物なんですね。
購入して良かったです

【オーブントースターのBLACK LIST③】|アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オーブントースター MOT-012

ミラーガラス調でキッチンやお部屋に馴染むインテリア性の高いデザイントースターです。
スリムタイプで置き場所を選ばず、上・中・下の3本のヒーターで2つの調理が同時にできる2段式です。調理に便利な受け皿、お手入れしやすいパンくずトレー付きです。
最長15分のタイマー設定が出来ます

特徴①スリムな縦型タイプ

縦並びで食パン2枚が焼ける2段式。スリムなので幅を取らずに省スペースで使用できる。

特徴②3本ヒーターで焼き色均一

通常の縦型トースターだと上下ヒーターのみなので、焼きムラができてしまう。

MOT-012だと上・中・下の3ケ所のヒーターで均等なしっかりとした焼き目が付けられる。

特徴③3段階の火力調節

300W・700W・1000Wに切り替え可能。メニューに合わせて火力調節が簡単にできる。

最大15分のタイマー付き。

特徴④便利な受け皿2枚付き

チーズたっぷりのピザトーストなど、油分の多い食材などの調理に役立つ。

受け皿サイズ(1枚あたり):約18.7×16.8cm

Amazon高評価レビュー

パンがうめぇ( ;∀;)!
スチームトースターが最近やたら流行っていますが他の製品は高くて手が出せなかったのでこちらを購入。
早速パンを焼いてみましたがスチームってこんなに違うんだなと改めて思いました!
めちゃくちゃパンがおいしいです。
中がふんわりしてもっちり焼きあがります。
食パン消費がはかどります(‘ω’)

合わせてGETしたいアイテム

オーブントースター BLACK LISTまとめ

【オーブントースターの選び方】

  • ワット数の調整の可否で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • メンテナンスのラクさで選ぶ

紹介したオーブントースターはこちら