家族と友人で楽しい時間を、囲む。おすすめの【ホットプレート】と選び方

自宅で焼肉やお好み焼きを楽しむ際に便利な「ホットプレート」。鉄板で食材を焼くだけのシンプルな家電と思われがちですが、機種によっては取り換え可能なプレートの種類などが多く、汎用性の高い万能モデルもリリースされています

そこで今回は、黒のおすすめホットプレートをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【ホットプレートの選び方】

  • 形状で選ぶ
  • 加熱方式で選ぶ
  • 付属しているプレートの枚数や内容で選ぶ
  • お手入れのしやすさで選ぶ

ホットプレートの選び方

形状で選ぶ

少人数での使用に適した「丸型」

丸型タイプのホットプレートは料理を取りやすいのが特徴。収まりのよいコンパクトなサイズの製品を多く揃えているため、二人暮らしなど少人数での調理にも適しています。焼いたときのムラが出にくいのもメリットです。

複数調理が可能な「スクエア型」

スクエア型タイプのホットプレートは調理できるスペースを十分確保できるのが特徴。複数での調理にもしっかり対応できるので、たくさんの料理を一度に作りやすいのもポイントです。ただし、横幅が長くなるので、ホットプレートを置きたいテーブルの広さを考慮して選びましょう。

加熱方式で選ぶ

リーズナブルで選択肢豊富な「ヒーター方式」

電気でヒーターを熱してプレートに熱が伝わるのが「ヒーター方式」。一般的なホットプレートは、この方式を採用しています。

リーズナブルな価格で選択肢が豊富なところがメリット。ただし、予熱に時間がかかる、均一な温度に保つのが難しく焼きムラが出る、などのデメリットがあります。

付属しているプレートの枚数や内容で選ぶ

基本となる平面のプレートをはじめ、「焼肉プレート」や「たこ焼きプレート」など付属しているプレートの種類が多ければ、料理のバリエーションが一気に広がります。

特に焼肉プレートは、溝が施されているタイプ、肉の余分な油を落とす穴あきタイプなど、いくつかのバリエーションに分かれているのがポイント。高性能であればあるほど、煙の発生を抑えて部屋に不快なニオイが残りにくいほか、使用後のメンテナンスにも配慮されているので、使い勝手や構造はしっかりチェックしておきましょう

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさも大切なポイント。プレートの表面にフッ素樹脂加工が施されていれば、汚れがこびり付きにくいほか、ペーパータオルなどで拭くだけで対応できます。
なお、ボディと加熱部が一体構造となっている製品はバラせないので、水洗いなどは不可。一方、本体とプレートなどが分離できるモデルは、ヒーター部分以外の丸洗いができるので使い勝手は良好です。

【ホットプレートのBLACK LIST①】|象印 ホットプレート STAN. EA-FA10-BA

特徴①深さ4cmの「深型プレート」

深型プレートだから、パエリアやブイヤベースなどもこぼれにくく、具だくさんなメニューも作れます。

プレート内寸:37.4×25.4×深さ4cm

特徴②浅い凹凸のダイヤカットディンプル仕上げ

プレート表面は、浅い凹凸のダイヤカットディンプル仕上げなので油なじみが良くこげつきにくくなっています。

特徴③「カチッと温度調節プラグ」

軽い力でセットできて、セットされたのが分かりやすく外れにくい設計です。

特徴④本体ガード&プレート丸洗い

本体ガードとプレートは丸洗いOKでお手入れが簡単です。

Amazon高評価レビュー

値段相応価値ありシャレオツホットプレート
同じSTAN.シリーズの電動ポッドと共に家電量販店で購入させていただきました。
使用感としては、ホットプレートなので特に突出した機能があるわけではないが、プレートが深いので色々な料理ができ、安いホットプレートよりはプレートに食べ物がこびりつかない気はします。
また、樹脂でできたヘラが付属しているのだが、これが中々良いです。
 ジャストフィットです

購入して約1か月ですが、パエリアとすき焼きをしました。
深さがあるので、すき焼きぐらいはできます。パエリアも上手にできました。3~4人で食べるのに丁度よいサイズ。
火力も十分だと思います。さすが象印。製品の造りに安心感があります。
それから、見た目もシンプルでいい感じです。和のテイストです。
何といっても鉄板だけでなくカバーもはずせるので、お手入れが楽です。

【ホットプレートのBLACK LIST②】|アイリスオーヤマ ホットプレート APA-137-B

アイリスオーヤマ IRIS ホットプレート APA-137-B

特徴①網焼き風ホットプレート

こびりつきにくいフッ素コート加工で、料理がもっと楽しく、美味しく。

網焼き風焼き肉プレート・平面プレート・たこ焼きプレートの3種類のプレートで、料理の幅も広がる。

特徴②焼肉を美味しく、ヘルシーに

網焼き風焼き肉プレートには余分な油を落とす穴があるので、うまみを残してヘルシーに。

さらに遠赤外線効果で食材の芯まで加熱するから、本格網焼きの味を楽しめる。

特徴③パーティーにぴったりのたこ焼きプレート

直径43mmの大玉サイズが一度に24個も作れるたこ焼きプレート。

フッ素コートでムラなくまんべんなく焼けるから、初めてでも美味しくできる。

特徴④ムラなくまんべんなく焼ける

たこ焼きはもちろん、アヒージョやケーキポップなど、アイデア次第で様々な料理に使える。

Amazon高評価レビュー

家族サイズ!ちょうどいい!
ちょっと大きめだけど、家族4人みんなで
使うにはちょうどいいです。
チーズタッカルビや、焼きそばや、チーズフォンデュなどをして活用しています。
箱に収納してしまうと次に出すのが億劫になってしまうので、すぐに出せるところに頑張って収納スペースを作って収納してます。
コスパ高い

4人くらいの家族向けの製品です。
焼肉をしても油が飛び散らなく美味しく焼けます。ガスと違い野菜が焦げにくいのもメリット。
たこ焼きはふっくら系、お好み焼きも初心者ですが割とうまく焼けます。

合わせてGETしたいアイテム

ホットプレート BLACK LISTまとめ

【ホットプレートの選び方】

  • 形状で選ぶ
  • 加熱方式で選ぶ
  • 付属しているプレートの枚数や内容で選ぶ
  • お手入れのしやすさで選ぶ

紹介したホットプレートはこちら