さっと取り出し、お部屋を簡単キレイ!オシャレでおすすめの【ハンディクリーナー】を選び方

さっと取り出していつでも気軽に掃除できる、「ハンディクリーナー」。階段などのちょっとしたスペースや車などの掃除にも役立ち、掃除機の2台目として持っておくのにも便利です。しかし吸引力に優れたものや充電効率の良いものなど商品それぞれにさまざまな特徴があるので、何を選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、黒のおすすめハンディクリーナーをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【ハンディクリーナーの選び方】

  • 集じん方式・容量・吸引力で選ぶ
  • 重さ・大きさ・付属品から使いやすさをチェック
  • コードの有無で選ぶ
  • 静音性をチェック

ハンディクリーナーの選び方

ハンディ掃除機を選ぶ時、何を重視して選んだら良いのでしょうか? まずは用途に合わせて選ぶポイントをご紹介します

集じん方式・容量・吸引力で選ぶ

吸引力が持続するサイクロン式がおすすめ

集じん方式の代表的なものとして、紙パック式とサイクロン式があります。紙パック式はゴミを飛散させずに捨てられるので衛生的ですが、使い捨てのためランニングコストがかさみます。

サイクロン式は価格が高くダストカップのお手入れもやや面倒ですが、ダストカップを丸ごと洗浄できるようになっているのでコストパフォーマンスはより優秀です。また、サイクロン式は吸引力が持続しやすいという特徴もあるので、まめな手入れが面倒な方にもおすすめです。

重さ・大きさ・付属品から使いやすさをチェック

使いやすいハンディ掃除機を選ぶには、自分にとってちょうど良い大きさや重さであることも重要です

重さは1.5kg前後を目安にすると操作しやすい

ハンディクリーナーは主に片手で操作する製品のため、重量をチェックすることも大切です。一般的に、1.5kg程度の製品なら片手でラクに扱えるといわれています。特に、掃除するスペースが広い場合や掃除の頻度が高い場合は、軽量のモノを検討してみてください。また、収納の際に邪魔にならないよう、本体のサイズを確認しておくのがおすすめです。

コードレスタイプのハンディクリーナーのなかには、充電器に立てかけることで、収納と充電をまとめて行える製品も存在します。立てかけるタイプの場合、コンセント付近に本体と充電器を置くスペースが必要です。さらに、本体のほかに、ノズルや延長用パイプなどが付属する場合は、付属品の収納スペースも確認しておきましょう。

コードの有無で選ぶ

ハンディクリーナーは、車内の掃除や、リビングのちょっとした掃除を手軽に行えるのが特徴です。
製品の利点を最大限に活かしたい場合は、充電式のコードレスタイプがおすすめ。内蔵された充電池で稼働するので、コードの煩わしさがなく快適に使えます。また、コンセントが近くにない場所で使用できるのも魅力のひとつ。車の座席やアウトドアでのテントなど、屋外での掃除にも活躍します。
一方で、コードタイプのハンディクリーナーは、充電が切れる心配がありません。リーズナブルかつ吸引力の高い製品が多いのもメリットです。

静音性をチェック

夜間に掃除する頻度が高い方は、できるだけ運転音が静かなモノを選ぶのがおすすめ。特に、マンションやアパートなどの集合住宅で使用する場合は、静音性を重視して検討してみてください。
最近のハンディクリーナーには、吸引力が高い分、運転音が大きいモデルもあります。一方で、静音設計を重視したモデルは吸引力が低いことがあるので、購入前に吸引力と運転音のバランスをチェックしておきましょう。
音が大きくても吸引力を重視したい方は、クリーナーを使う時間帯に配慮し、窓を締めて掃除するのがおすすめです。

【ハンディクリーナーのBLACK LIST①】|シャーク 充電式ハンディクリーナー Shark EVOPOWER W25

特徴①コンパクトな充電ドックと着脱式のWバッテリー

充電ドックはどこにでも置けるので、必要な時に必要な場所でサッと使える。

上位モデルはワンタッチで取り外し可能なバッテリーが2つ付属※、お掃除中でも簡単交換。

特徴②付属のアタッチメント

車のシート、ソファの狭いすき間に
①隙間用ノズル
車内や部屋の角、家具のすき間など、狭いスペースの掃除が簡単。
ブラシ付き。

ペットの毛もらくらく吸い取る
②マルチノズル
汚れや毛髪を除去する小型ブラシで、細かいゴミもしっかり吸収。

マットレスなどの広範囲の場所にも
③布団用ノズル
大きなノズルで、マットレスやカーテンなど、
ファブリック上の細かいホコリから大きなゴミまで吸い取る。

特徴③ボタンひとつで簡単ゴミ捨て

ボタンを押すだけで、手を触れることなくゴミを捨てることができるので衛生的。ダストカップは取り外して水洗い可能。

特徴④さまざまな利用シーン

豊富なアクセサリーで、どんな場所もさっときれいに。

Amazon高評価レビュー

買って正解!
洗面所をはじめ髪の毛やホコリ掃除が主目的で、今までは見つけ次第コロコロしてましたが、Sharkはほとんどコロコロと同じように使えます。
まず、軽い。片手で軽々、コロコロと同じと言ったら大袈裟ですが、コロコロより持ちやすいので構えやすいし、形状的に横広がりのコロコロより奥の隙間にも届く。
吸引力も必要にして十分。
スリムで使いやすい

驚くほどではないですが、実用に耐える吸引力です。
この大きさ、この形でこれくらい吸えば満足なレベルです。
稼働時間は短いですが、気になった時ちょっと使うだけなので
これもそれほど不満はありません。
バッテリーの脱着も簡単です。

【ハンディクリーナーのBLACK LIST②】|ダイソン V7 Trigger HH11MH

特徴①ダイソンデジタルモーターV7

強力な吸引力を生み出します。

特徴②運転時間

最大30分間も高い吸引力が変わりません。(モーターヘッド使用時は約20分)

特徴③運転音

Dyson V6™ シリーズと比較して、運転音を低減。

特徴④衛生的なゴミ捨て機能

ワンタッチで簡単にゴミを捨てることができます。

Amazon高評価レビュー

凄く便利
ちょっとゴミ落ちてるなと思ったらさっと出して使えるので便利。
ロングパイプとローラーヘッドを買い足して普通の掃除機としても使ってます。
確かにすごい吸引力!

布団用に購入。布団用掃除機ビギナーでしたが、きれいにしているつもりの布団でも細かい砂みたいな塵ゴミが出て来てびっくりしました!皆様のレビューを先に拝見してましたのでハンディですが多少の重さがあるのは想定内。欲をいえば強の持続時間がもう少しあると嬉しいかな。でもこれで布団を掃除すると気持ちよく眠れます!

【ハンディクリーナーのBLACK LIST③】|ツインバード ハンディークリーナー  HC-E251GY

特徴①ハンディだけどハイパワー 180W

「とにかくよく吸うハンディークリーナーをつくりたい」との思いから開発したハンディクリーナー。

AC電源なので、パワーは充電式やカー電源クリーナーとは比べようもありません。6mコードでガレージのコンセントから車の中もラクラク。しかもサイクロン方式なので吸引力が持続します。

特徴②豊富なアタッチメント

自動車の掃除に便利な4種類のアタッチメントを用意しました。硬めのブラシでフロアマットに入り込んだ砂などをかき出したり、柔らかなブラシで、シートのゴミや髪の毛などをからめ取ったり、ダッシュボードやドアの内張りなども掃除できます。これまであきらめていた隙間にもしっかり届きます。

特徴③伸縮柔らかすきまノズル

届かなかったすき間には2段伸縮式柔らかすき間ノズル。曲がるノズルで、車のシートの隙間など、掃除しにくい場所もしっかり掃除できます。もちろん家の中のソファやベッドのすきまにもお使いいただけます。

特徴④丸洗いOKのフィルターで清潔に。

ダストケース・フィルター共に丸洗い可能。清潔を保てます。フィルターには排気のきれいなプリーツフィルターを採用しました

Amazon高評価レビュー

凄い吸引力!
吸引力を第一に考えて購入したので
バッチリでした
この価格で、この吸い込みな大満足です
少し音が大きいかな、、でも問題無し
吸引力が魅力

これまでコードレスタイプを使っていたので、吸引力がいまいちでしたが、こちらに変えてとても快適です。音はしますが、特別うるさいということもないので、気に入っています。デザインもおしゃれで、棚にしまえるサイズなのも使い勝手が良いです。

合わせてGETしたいアイテム

ハンディクリーナー BLACK LISTまとめ

【ハンディクリーナーの選び方】

  • 集じん方式・容量・吸引力で選ぶ
  • 重さ・大きさ・付属品から使いやすさをチェック
  • コードの有無で選ぶ
  • 静音性をチェック

紹介したハンディクリーナーはこちら