デザインと機能重視で、洗面所をオシャレに。おすすめの【全自動洗濯機】と選び方

日々進化を遂げている洗濯機。日立・パナソニック・シャープなどのたくさんのメーカーから、タテ型タイプやドラム式、乾燥機能付きのものやスマホと連動したものなど、さまざまな機種が販売されています。しかし種類も機能も多すぎて、一体どれを選んだらよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、黒のおすすめ全自動洗濯機をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【全自動洗濯機の選び方】

  • 容量で選ぶ
  • 乾燥機のタイプで選ぶ
  • 「タテ型」「ヨコ型ドラム式」

全自動洗濯機の選び方

「タテ型」「ヨコ型ドラム式」

洗浄力が高くリーズナブルな「タテ型」

数日分の洗濯物をため込んでしまう、汚れをよく落としてくれる全自動洗濯機が欲しい。そんなあなたには、タテ型タイプがおすすめです。ヨコ型ドラム式よりも洗浄力が高く、洗濯物をまとめて洗っても汚れがよく落ちます。スリムサイズの商品が多いため、置き場所にも困りません。

洗濯槽いっぱいに水が入る構造なので洗剤やカビ取り剤が槽全体にいきわたりやすく、洗濯機自体のメンテナンス性に優れているのも特徴です。さらにフタが上に付いていますので、洗濯物の出し入れも簡単。ただし大型の衣類は取り出しにくいため、毛布などを洗う予定の方は少し注意が必要です。

乾燥機能に優れ節水性も高い「ヨコ型ドラム式」

乾燥機能に優れた洗濯機が欲しい、水道代を節約したい、デザイン性も重視したい、そんなあなたはヨコ型ドラム式を選びましょう。ドラム式は乾燥機能に優れていて、また構造上水を多く溜めることができないため、結果的に節水にもつながります。

しかしタテ型や2槽式に比べると、汚れ落ちがいまいちなのが難点。サイズはタテ型よりも大きい場合が多いですが、最近ではスリムな商品も増えてきました。ただし扉が横に開くため、設置場所には注意が必要です。前面に十分なスペースがあるか、開く方向は合っているかをキチンとチェックしたうえで購入しましょう。

容量で選ぶ

洗濯機の選び方で重要になるのが容量。家族がたくさんいるのに容量の小さい洗濯機だと、何度も洗濯をすることになって不便です。一方、ひとり暮らしで大容量の製品を選ぶと、電気代や水道代が余計にかかって経済的ではありません。洗濯機を選ぶときは、家族構成を考えて1日にどれくらいの洗濯物が出るかを目安にするのがポイントです。

一般的に、1人分の1日の洗濯物は約1.5kgと言われています。4人家族の場合は約6kgになりますが、衣類だけではなくシーツやバスタオルなども洗うことを考えると、少し余裕を持って容量7〜8kg程度の洗濯機がベストです。

乾燥機のタイプで選ぶ

乾燥機能は大きく、60度前後で乾かせるヒートポンプ式と、90度ほどまで温度が上がるヒーター式の2タイプに分けられます。温度が上がれば上がるほど衣類は傷みやすくなるため、温度の低いヒートポンプ式を選びましょう。値段はお高めですが省エネにもなりますので、長期的に考えればお得です。

【全自動洗濯機のBLACK LIST①】|アイリスオーヤマ 全自動洗濯機 IAW-T803BL

特徴①スタイリッシュなデザイン洗濯機

デザイン性も機能性も兼ね備えたこだわりの洗濯機。上質な雰囲気のガラストップ仕様。

これから始まる新生活を豊かに。

特徴②洗い方を自由にアレンジ

洗い・すすぎ・脱水を個別に設定でき、単独運転も可能。

ボタンを押すだけ簡単設定。

特徴③選べる洗濯コース

汚れや衣類、場面に合わせて選べる。

特徴④予約タイマー

帰宅後の限られた時間での家事をスムーズに。

洗濯物をセット
1.洗濯終了時間を設定(1時間単位で最大24時間後まで設定可能)
2.洗剤をセット(液体も粉末も使える)
3.設定時間に洗濯完了。帰ってきたら干すだけ。

 

Amazon高評価レビュー

ムダのない洗濯機
乾燥機能とか使わないし風呂の残り湯も使わないので必要な機能だけ付いている掃除のしやすい場所を取らない洗濯機を探していて
黒が欲しかったので大満足でした。
以前使っていた洗濯機も8キロだったけど
この洗濯機の方が毛布を洗っても余裕があるように感じます。
デザイン◎ 機能性も○ 洗面所が変わります。

天板は光沢のあるブラック、本体周囲はややマットブラック〜チャコールグレーのような落ち着いたデザインになっています。取り出し口も広いので、出し入れしやすい印象です。

【全自動洗濯機のBLACK LIST②】|シャープ 全自動洗濯機 ES-GE7D-W

洗濯槽に穴がないのはシャープだけ。穴がないから清潔・節水・洗浄力!

特徴①清潔・節水・洗浄力抜群

穴なし槽

穴なし槽で黒カビをブロックして清潔。さらにムダ水がたまらず、少ない水でしっかり洗浄。1回あたり2ℓペットボトル約13本分節水できます

特徴②洗濯槽と衣類のキレイを両立

槽の樹脂まるごと抗菌・防カビ加工

洗濯物に直接ふれる糸くずフィルターの樹脂、パルセーター、バランサーにAg+成分で抗菌加工。しかも防カビ対応しています

特徴③デリケートな衣類に

おしゃれ着コース

デリケートな衣類に適した洗浄コース。衣類の縮みや傷みを抑えながら、おしゃれ着の汚れをキレイにします。

特徴④らくな体勢で出し入れできる

LOW&コンパクトBODY

投入口の高さが約82㎝と低いので、洗濯槽の底にある衣類も楽な体勢で取り出せます。

Amazon高評価レビュー

amazonから購入して大満足。
穴なし洗濯槽というのも決め手の一つでした。
ヤマダ電機より1万円強安い価格で買えたのでよかったです。
配達希望日に2人の方が配達してくれて、手際よく設置してくれて、大きな重たい洗濯機も3千円弱で引き取ってくれました。この点は本当に満足しています。
カビアレルギーです

数年前に喘息が酷くなり、それまで使っていた全自動洗濯機から出るカビの臭いで発作が出てしまい、いくら掃除してもダメだったので処分。
その後はコインランドリーを使用してましたが、穴無しのこちらの製品を見つけて悩みましたが購入。
汚れが落ちない事もなく、すすぎも普通。気になる物は注水すすぎもできます。
臭いは全く無し!買って正解でした。

【全自動洗濯機のBLACK LIST③】|ハイセンス 全自動洗濯機 HW-DG75A

特徴①強力循環水流

タテ水流、ヨコ水流を利用することで、今まで以上に強力な洗浄力を実現

特徴②自分だけの洗濯コース

服の素材に合わせた「洗い」「すすぎ」「脱水」や「風乾燥」などのコース選択が個別に選択できます

特徴③スリムボディ

ボディ幅:約50cmスリムだから、ベランダ等での使用にもうれしい。

特徴④糸くずフィルター


大容量の糸くずフィルターで効率的に糸くずを収集してくれるので、洗濯物がきれいに仕上がり、日々のお手入れも簡単に

Amazon高評価レビュー

 進化しています
ハイセンスというメーカーは老舗メーカーの東芝と比べるとどうかなと心配しましたが何も問題ありません
脱水が弱いと口コミに書いている人もいるようですがそんなことは全く感じません
何より値段が安いというのがいいですね
とても静かでいい。

機能が多すぎて使いこなせないほどですね。基本洗濯、すすぎ、脱水これだけですね^^

合わせてGETしたいアイテム

全自動洗濯機 BLACK LISTまとめ

【全自動洗濯機の選び方】

  • 容量で選ぶ
  • 乾燥機のタイプで選ぶ
  • 「タテ型」「ヨコ型ドラム式」

紹介した全自動洗濯機はこちら