コンパクトに、その瞬間を。スマートでオシャレな【コンパクトデジタルカメラ】と選び方

スマホカメラの性能もぐんと良くなり、より画質にこだわる人が増えた昨今。そんな中で注目を集めているのが、高性能なコンパクトデジタルカメラ、高級コンデジです。

かつて「コンデジ」といえば、扱いやすくリーズナブルな価格帯が魅力で、ライトユーザー向きのアイテムが多数を占めていました。

そこで今回は、黒のおすすめコンパクトデジタルカメラをご紹介します。選び方もあわせて解説。持ち運びに便利でありながら、高画質に撮影できる製品をピックアップしたので、カメラの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

【コンパクトデジタルカメラの選び方】

  • イメージセンサーはフルサイズまたはAPS-C
  • 明るいレンズを選ぼう
  • カメラ本体のサイズと画質のバランスを重視しよう
  • シャッタースピードにこだわって
  • 連写機能やWi-Fi対応も!プラスαの機能にも注目

【この記事で紹介するコンパクトデジタルカメラ】

コンパクトデジタルカメラの選び方

イメージセンサーはフルサイズまたはAPS-C

イメージセンサーとは、レンズを通して入ってきた光を受け止めて電気信号に変換するパーツのことです。イメージセンサーには「CMOS」と「CCD」の2種類があり、サイズによって画質や感度に違いが出てきます。

高級コンデジの場合は、一眼レフやミラーレスに採用されている「フルサイズ」または「APS-C」サイズのイメージセンサーが搭載されているのが特徴です。フルサイズは、APS-Cよりもサイズが大きく、画質も優れているのがポイント。デジタルカメラなかではハイエンドモデルしか採用されておらず、価格は高めです

明るいレンズを選ぼう

F値はレンズの明るさを示す数値で、数字が小さいほど明るいレンズになります。明るいレンズはボケ味が自然な感じになるほか、手ブレも起きにくくなるのが魅力で、F1.8あるいはF2.8のモノを選んでおくと安心です。

また、焦点距離が変えられるズームレンズか、焦点距離が変えられない単焦点レンズかを選ぶのもポイント。より明るさ重視で撮影したい場合は単焦点レンズを搭載したコンデジがおすすめです。一方、旅行などでさまざまなシーンを撮影する場合は、ズームレンズが便利。ミドルクラス以上のモデルには高倍率ズームに対応した製品がラインナップされているので、気になる方はチェックしておきましょう。

カメラ本体のサイズと画質のバランスを重視しよう

コンデジは「コンパクトデジタルカメラ」という名の通り、小型で持ち運びに便利なのが特徴。なかでも高級コンデジの場合はサイズのコンパクト化だけでなく、画質のクオリティアップや機能の充実化も図っています。

ただし、リリースから年数がある程度経過しているモデルは注意が必要。発売当初はコンパクトな高級コンデジと謳っている場合でも最新機種と比べた際には見劣りする場合もあるので、スペックはしっかりと確認しておきましょう。

大体300g前後のものなら、あまり重さを感じず、手軽に扱うことができます。

シャッタースピードにこだわって

運動会でのお子さんの様子や、乗り物など、動きのあるものを撮影したいなら、シャッタースピードに注目しましょう。シャッタースピードが早いほど、動いているものでもその一瞬を切り取って、すてきな写真にすることができます。

1/1000と表記されている場合は、1000分の1秒でシャッターを切れることを示しています。電車や車などを撮影するなら、1/2000秒程度が目安。走行中の車両でも、止まっているかのように撮影することができます。運動会などには、1/500秒程度でも十分対応可能です。シャッタースピードが速ければ、手ブレしにくいのもメリットですよ。

連写機能やWi-Fi対応も!プラスαの機能にも注目

基本性能だけでなく、プラスαの便利な機能についてもチェックしておきましょう。動き回るお子さんなどを撮影するなら、連写機能は重宝します。カメラを意識しない、自然な様子をきれいに撮影することができますよ。

 

また、撮影したデータを手軽に管理したいなら、Wi-Fi対応のカメラがおすすめ。ケーブルなどで接続せずに、ワイヤレスでスマホやPC、タブレットなどに画像を送ることができます。撮った写真をSNSなどに活用したい方にも嬉しいですね。

 

他にも、モニターが回転して自撮りができたり、防水機能つきなど、機種によって機能はさまざま。アレもコレもと選んでしまうと、本体が重くなったり、予算オーバーになることもあるので、欲しい機能、必要な機能を厳選して選ぶといいですね。

【コンパクトデジタルカメラのBLACK LIST①】|Nikon COOLPIX A1000

  • 『広角』から『望遠』まで1台でカバーする、Nikonの望遠コンパクトカメラ
  • 光学ズームで2000mmまでの撮影が可能にもかかわらず、ボディは約1000g
  • EDレンズ5枚、スーパーED1枚、非球面レンズ2枚3面を搭載
  • 一眼レフ用レンズを作り続けるNikonだからこそできる、5.5段分の手ブレ補正
  • 晴天下での撮影時に必要なレンズフードを標準装備

迫力の超望遠2000mm相当、光学83倍ズーム

どこからでも被写体をダイナミックに捉える超望遠2000mm相当の光学83倍ズームを、持ち歩きサイズのボディーに搭載

アイセンサー付き電子ビューファインダー

見やすさを大きく進化する、ファインダー倍率約0.68倍の高精細有機ELを採用。目をファインダーに近づけるだけで、自動で電子ビューファインダーが起動し、モニター撮影からファインダー撮影へスムーズに切り換え可能

補正効果5.5段のデュアル検知光学VR

ニコンのコンパクトデジタルカメラでは初となる手ブレ補正効果5.5段※を達成し、超望遠ズーム時だけでなく、遅いシャッタースピードでも手ブレを気にせず撮影できる。角速度センサーで検出した「手ブレ情報」と、画像情報を基に算出した「ブレの方向と量の情報(動きベクトル)」の2つの情報を使用し、独自のVRアルゴリズムで演算することでより高精度なブレ量演算を実現。高い手ブレ補正精度を発揮する。手ブレを抑えるためにシャッタースピードを上げ過ぎると開放絞りでも適正露出にならない、高感度になり過ぎるといった制約を減少させる。撮影状況を問わず、より狙いどおりに被写体を捉えることができる。

誰もが手軽に楽しめる、光学2000mm相当の超望遠カメラ

誰もが手軽に楽しめる、光学2000mm相当の超望遠カメラ
撮影中も移動中も身動きのしやすい超望遠ズームカメラ。広角24mm相当※から2000mm相当※の幅広いズーム域を備えながら、気軽に持ち歩けるサイズを実現した数少ないモデル。野鳥や航空機、鉄道、天体撮影まで、さまざまな撮影シーンで、快適に撮影を楽しめる

【コンパクトデジタルカメラのBLACK LIST②】|SONY Cyber-shot DSC-RX100

レンズの性能を引き出す、新開発1.0型CMOSセンサー

大型1.0型(13.2×8.8mm)“Exmor(エクスモア)”CMOSセンサーを新開発。従来のサイバーショットで採用されているCMOSセンサーと比べ、約4倍の受光面積を持つため、大口径F1.8ツァイス「バリオ・ゾナーT*」の優れた描写を余すところなく受け止めます。また、有効約2020万画素の描写性能により、被写体の細かなディテールまで忠実に再現。さらに、ノイズを初期段階から抑えるため、センサー上でオンチップ・カラムA/D変換とデュアルノイズリダクション処理を行い、ノイズを最小限に抑制し高画素化と低ノイズ化を実現しています。

2倍相当(200mm)までズームアップできる“全画素超解像“ズーム

光学3.6倍ズームに加え、解像感を保ったままさらに約2倍のズームが可能な“全画素超解像“ズームを搭載。ソニー独自開発の“全画素超解像“技術により、一般的なデジタルズームのような画質劣化もなく、光学ズームと併用して、7.2倍相当(*)までズームアップ可能。高画質のまま、被写体に大きく迫れます。

ブレもノイズも抑えて美しく。「光学式手ブレ補正」

わずかな手ブレも高精度に補正する「光学式手ブレ補正」を搭載。モニターではわかりにくい小さなブレまで、新開発のジャイロセンサーが検出し高精度に補正。手ブレが起こりやすいズーム撮影時も、ブレを抑えて美しく撮影できます。

洗練を極めた高品位なアルミボディ

いつでも持ち歩くために小型・軽量化を追求しながら、剛性感と質感にこだわった高品位なアルミボディ。主要操作部にもメタル素材を採用し、撮るときの確かな手応えと快適な操作性を実現しています。カメラのホールド感やレンズリングの操作性にも配慮し、ボディのほぼセンターにレンズを配置。無駄を削ぎ落とした高級感のあるブラックのシンプルなフォルムが、創作意欲をかき立て、持つことの喜びを感じさせます。

Amazon高評価レビュー

スナップカメラの最高傑作
評価: 5旅行やちょっとした撮影ならメインとしても使えますよ。
レンズは明るくて⚪、ズームも24mmからで僕の好きな画角。
ファインダーも老眼入った僕でも調整出来て見易く最高w
コンパクトなのに高画質で電池持ち抜群

評価: 5とてもコンパクトですが、電池持ちも良く数日の旅行中ならば十分持ちます(撮影枚数に依りますが)。液晶画面の画質は普通ですが視野角や明るさは十分。マイクロUSBコネクタで充電できるのも便利です。使い勝手としてはゴムグリップを後付けしないと滑ってもちにくいかも。また一眼レフ用レンズのようにフィルターが簡単に取るつけられると良いですが、沈胴式レンズなので難しいのかも。昔のローライT35の現代版ノイメージなので所有満足感があります。

【コンパクトデジタルカメラのBLACK LIST③】|LUMIX DC-TZ90-K

  • 旅先の思い出をキレイに残せる広角24mm/光学30倍ライカDCレンズと新開発20.3M高感度MOSセンサーを搭載
  • ローアングル撮影や自分撮り、ファインダー撮影も楽しめる180度チルト対応タッチパネル式モニター、約117万ドット相当ファインダー内蔵
  • 思い通りの写真表現を実現する「4Kフォト」モード、「4Kセルフィー」モード、「フォーカスセレクト&フォーカス合成」モード
  • 有効画素数2030万画素
  • 重量322g ※(バッテリー、メモリーカード含む) 本体のみ 280g
  • 電源ACアダプター(100~240V対応)

遠くの被写体を大きく撮影。光学30倍ズーム

広角24mm※から望遠720mm※の光学30倍ズームが可能。被写体を中心とする全体の雰囲気を広角で撮影したあとに、そのままズームして被写体をアップで写すことができるので、一台で様々なシーンに対応します。 さらに、超解像iAズームを使えば解像度を保った状態で60倍までズームすることが可能です。スマホではできない超望遠ズームを楽しむことが出来ます。※35mm伴換算

180度チルト式タッチモニター

上方向に約180度開くことができ、自分撮りに最適なチルト式タッチパネルモニターを搭載。自分の表情や背景、友だちや家族と撮る時にはその構図など、モニターで写りを確認しながらセルフィー撮影できるので、いろいろポーズや表情を楽しみながらかんたんに自分撮りができます。また、ローアングル撮影時でもモニターが見やすく狙った構図を作ることが出来ます。

4Kフォトモード

4Kフォトモードは秒間30コマ連写の連続した撮影※1が実現する、決定的瞬間を捉えるための新しい撮影スタイル。A3相当のサイズまで引き伸ばせる高解像度で、噴水の水しぶきが舞っている瞬間や公園を飛び交う昆虫の羽ばたきなど日常の中で撮影できる風景でありながら、これまでの撮影では捉えられなかったような決定的な最高の一瞬を作品として残すことができます。

Amazon高評価レビュー

コンパクトでよくできている
評価: 5デジカメ時代が到来し、中判フィルムカメラを愛用していた私は、カメラの趣味が中断してしまいました。しかし、歳とって散歩を好むようになると、気軽に持って歩けるカメラがほしくなり、慎重に慎重に検討した結果、これに決め購入しました。過度とも言える多機能にはまいったものの、まず、何の不都合なく快適に使えます。特に、ファインダーに慣れた者にとって、このファインダーは驚くほど見やすいです。フィルムカメラ愛好者のカムバックには最適なカメラです。欠点はひとつ、使用説明書の構成が下手です。近時の電子機器一般に言えることかもしれず、贅沢な愚痴かもしれません。
手振れ補正が強力

評価: 5高倍率のズームで拡大しても手振れが強力なのできれいに写真が撮れて気持ちいいです。パナソニックのミラーレスGX1をもっていますが、このカメラの方が使い勝手がよさそうです。ファインダーも使えてとても便利です。

合わせてGETしたいアイテム

コンパクトデジタルカメラ BLACK LISTまとめ

【コンパクトデジタルカメラの選び方】

  • イメージセンサーはフルサイズまたはAPS-C
  • 明るいレンズを選ぼう
  • カメラ本体のサイズと画質のバランスを重視しよう
  • シャッタースピードにこだわって
  • 連写機能やWi-Fi対応も!プラスαの機能にも注目

紹介したコンパクトデジタルカメラはこちら