子どもや家族との思い出を、キレイに。おすすめの【ビデオカメラ】と選び方

子どもの成長記録など、家族の思い出を残すのに役立つビデオカメラ。ソニーやパナソニックなどからたくさんのモデルが販売されていますが、ハンディタイプ・アクションタイプといった種類、ズーム機能の違いや、電子式と光学式による手ブレ補正の違いなどポイントが多すぎて困ってしまいますよね。

そこで今回は、黒のおすすめビデオカメラをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【ビデオカメラの選び方】

  • ハンディorアクション?ビデオカメラの種類で選ぼう
  • 画質はフルHD以上、フレームレートも併せて確認しよう
  • 被写体や撮りたい画にあわせてレンズ仕様を確認
  • 運動会には防塵機能が必須。プールや海には防水性能を確認

ビデオカメラの選び方

ハンディorアクション?ビデオカメラの種類で選ぼう

本格的な撮影にはハンディカメラを。子供の運動会にも◎

本格的に動画を撮影したいならハンディカメラがおすすめ。片手で撮影できるので、動く被写体に合わせて素早くビデオカメラを動かせます。よく使用する再生・停止ボタンやズームボタンなどが手の届く範囲にあるので操作が楽です。しっかり撮りたい運動会でも活躍してくれますよ。

ハンディカメラは、初心者向けから高性能なものまで幅広くラインナップされています。コスパや目的に合わせ、使い勝手や性能で選ぶことが大切です。

スポーツ時など、動きながら手軽に撮るならアクションカメラ

スポーツなど激しい動きを伴いながら撮影するときは、アクションカメラが便利です。このタイプは小型・軽量な物が多く、およそ80~120gほど。バイクのハンドルやスポーツウェアに取り付けて使用することができます。

また、厳しい撮影シーンに対応するため衝撃に強くなっており、防水性や防雪性に優れた商品も多くあります。水中やマリンスポーツなどにもおすすめです。

揺れの少ない映像にするため、手ブレ補正に優れたGoProなどの4K対応のアクションカメラもあります。撮影シーンに合わせて、豊富なアクセサリーでカスタマイズできるのが嬉しいポイントです。

画質はフルHD以上、フレームレートも併せて確認しよう

画質は4K、コスパ重視ならフルHDでも十分

くっきりと鮮やかな映像を撮りたいなら4Kがおすすめ。フルHDの4倍の画素数がある4Kなら、より美しい映像が撮れます。静止画として残したり、明暗差が大きい場合でも自然な映像を残すことができます。動画編集にも便利ですが、高性能なパソコンやソフト、4K対応のモニターやテレビが必要になるため留意しておきましょう。

4Kはその分価格が張るので、コスパを抑えたいならフルHDもおすすめ。旅行・イベント・家族の日常などを撮影するにはフルHDで十分な映像が撮影可能です。ズーム機能や手ブレ補正などの機能を備えていても、2~3万円ほどで入手できます。4K対応のビデオカメラだと大体4万円以上するので、かなり節約できますね。

なめらかな映像がほしいなら、60fpsの「フレームレート」

なめらかな映像がほしいときは、フレームレート60fpsのビデオカメラを選びましょう。フレームレートとは、1秒間に撮影するカットの枚数です。60fpsだったら30fpsより2倍なめらかな映像が撮れます。

高画質な4Kでは60fpsにすると激しい動きでもコマ落ちがなく、色彩やかで高精細な映像に。120fpsのフレームレートもありますが、録画時間が短くなるので注意しましょう。また、ビデオカメラの価格も上がるため、目的と価格に合わせてフレームレートを選ぶことが大切です。

被写体や撮りたい画にあわせてレンズ仕様を確認

風景や人物などの被写体や、撮りたい画に合わせたレンズ仕様を選んでいきましょう。

広角撮影は風景を撮る方や自撮りをする方に

風景を撮影するなら広角レンズのビデオカメラを選びましょう。広角レンズとは広い画角で撮影できるレンズのこと。より人間の視野に近いレンズなら映像に臨場感が出ます。焦点を近くすることで広い画角で撮影でき、自撮りにもおすすめです。部屋全体を撮るときや室内のイベント撮影にも適しています。

ビデオカメラの場合は、広角端28mmくらいのものを選ぶとよいでしょう。ただデジタルカメラに比べて広角撮影に弱いため、ズームのときに制約が出てしまう場合もあります。性能をしっかり確認してから購入することが大切です。

運動会等には「ズーム機能」が必須。「光学」はスペック重視の方に

運動会など子供をアップして撮りたい場合はズーム機能をチェック。ズーム機能には「光学式」と「電子式」があり、画質の鮮明度を重視するなら光学式ズームがおすすめです。運動会のような場面なら光学式20~30倍が良いでしょう。光学式には画質が劣化しにくいという特徴もあります。

一方、電子式は映像データを引き延ばすため、光学式ほどクリアで鮮明ではありません。しかし、コスパの高さは光学式に勝ります。また、デジタルズームと呼ばれる300倍以上ズームできるビデオカメラもあり、より遠くまで撮影したいなら電子式の方がよいでしょう。

運動会には防塵機能が必須。プールや海には防水性能を確認

グラウンドなど砂ぼこりが舞う環境で使用するなら防塵性能を確認しましょう。ビデオカメラは精密機器のため、長く愛用するには必須となるチェックポイントです。室内でもホコリをかぶる可能性があるので、最低限確認しておきましょう。

プールや海で使用する場合には防水性能も必要になります。雨の日や水族館での水かぶりなど、いろいろな場面を想定しておくことが肝心です。

本体に防塵・防水性能が付いていないなら、ハウジングという専用ケースも利用してみましょう。製品によっては、ハウジングの方に防塵・防水性能を備えていることもあります。

【ビデオカメラのBLACK LIST①】|ソニー ビデオカメラ FDR-AX60 4K

特徴①ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」

レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」

特徴②晴天下でも見やすいビューファインダー

晴天下でも見やすいビューファインダーや、フォーカスやズームなどを調整できるレンズリングを搭載。フォーカス位置のより確実な確認や調整、そして撮影後の映像チェックが可能。

特徴③4K記録時は30倍、HD記録時は40倍

20倍の光学ズームに加えて、4K記録時は30倍、HD記録時は40倍での撮影が可能。しかも、全画素超解像ズームはひとつひとつの画素に対して周辺画素を含めたパターン分類を行い、高精細な映像を作り出すために最適処理する。ズーム時に遠くの風景や人物の画質を保ったまま美しく撮影できる。

特徴④臨場感あふれる5.1chサラウンドサウンドマイクロホン

高感度マイクカプセルを搭載し、高密度でクリアな音質で記録する。また、ズームに連動して音声レベルも変化。ドルビーデジタル5.1chのサラウンド記録ができるので、対応する機器で再生すれば、臨場感あふれる音声が甦る。

Amazon高評価レビュー

高いけど…
何十年かぶりにビデオカメラを購入しました。
買うならSONYかPanasonicと考えていましたが
SONYの新しい手ぶれ補正機能で決めました。
やっぱり4K!買ってよかった。

手振れ補正の最強っぷりに感激。小走りで撮影するシーンもありましたが、
自宅に帰ってテレビで見た時、ほとんどブレが気になりませんでした。
それから、なんといっても画質のきれいさには、買ってよかったと思わされました。
これまでフルハイビジョンのビデオカメラを使っていましたが、やはり4Kはきれいです。
テレビの大画面で見た時の感動が全く違いました。その場にいるかのような臨場感・・・!

【ビデオカメラのBLACK LIST②】|パナソニック 4K ビデオカメラ HC-WX1M-K

特徴①高画質な4Kなら、いつまでもキレイに記録できる

生まれた瞬間から始まる、わが子とのかけがえのない思い出を、できる限り美しい映像で残してあげたい。より高画質な4Kなら、その瞬間しか撮ることができない笑顔やかわいらしい姿を、いつまでもキレイに記録できる。

特徴②4K30pに対応

4K30pに対応しているので、高画質でなめらかな映像(1秒間に30フレーム)での撮影・記録が可能。かけがえのない瞬間を、美しく鮮明に記録できる。

特徴③サブカメラでワイプ撮り

メインカメラと液晶パネル横のサブカメラ、2つのカメラで同時に撮影できる「ワイプ撮り」を使えば、わが子を撮りながら、撮影中のパパ・ママの映像も同時に記録できる。わが子の思い出はもちろん、パパ・ママのわが子に対する想いや見つめている表情も同時に残すことができ、思い出の幅が広がる。

特徴④あとから手ブレ補正

子どもと一緒に遊びながら撮影していると、映像がブレたり、フレームから外れたりしてしまいがち。広い範囲を4Kで撮影しておけば、あとからブレを抑えて撮りたかった画角に編集・加工して保存できる。

Amazon高評価レビュー

使いやすい
重量も適切、画像も満足、気軽に使えて便利。
とても綺麗に撮れました

薄暗い会場でスポットライトが当たるバレエの撮影でしたが十分綺麗にとれました。
あと、充電ケーブルの先がUSBになっているのでモバイルバッテリーを接続して撮影できました。

【ビデオカメラのBLACK LIST③】|Canon デジタルビデオカメラ IVISHFG20

特徴①プロ用ビデオカメラと同じCMOSセンサーを搭載。

特徴②多彩なオート機能

さまざまなブレを自動補正する「マルチシーンIS」をはじめ、「こだわりオート」や「ハイスピードAF」など先進のオート機能を搭載。
ビデオカメラまかせで、一段とキレイに美しく撮影できます。

特徴③際立つ高音質

クオリティーの高い音声が残せる「高品位マイクロホン」を内蔵。
わずかなノイズも抑え、バランスのよい音量に自動調整するなど、その場の臨場感がより際立つリアルな音声を録音できます。

特徴④優れた使用感

視野率100%の大型モニター&ビューファインダーが快適な撮影をアシスト。
さらに、とっさの撮影チャンスにも対応しやすい、開閉式のバリア付きレンズフードも標準装備しています。

Amazon高評価レビュー

 暗所に強いです。
今までビクターGZ-E565を使用していましたが娘のライブハウスやダンスコンテストの暗い場所での撮影が表情さえ判別出来ない状態だった為思い切って購入しました。暗所でも表情が分かるくらいハッキリと撮影できました!いい感じでした!
簡単、高画質

全くの初心者でも簡単に高画質の動画が撮影できました。
本体が他の初心者向けよりも大きいですが、安定感があり良かったです。。

合わせてGETしたいアイテム

ビデオカメラ BLACK LISTまとめ

【ビデオカメラの選び方】

  • ハンディorアクション?ビデオカメラの種類で選ぼう
  • 画質はフルHD以上、フレームレートも併せて確認しよう
  • 被写体や撮りたい画にあわせてレンズ仕様を確認
  • 運動会には防塵機能が必須。プールや海には防水性能を確認

紹介したビデオカメラはこちら