リモートワークのお供に、作業効率を高めるために。おすすめの【4Kモニターディスプレイ】の選び方

高画質な映像描写で動画を鑑賞したり、ゲームをしたりとさまざまな用途で楽しめる4Kモニター。モニター上の作業域が広くなるため、PC作業の効率向上にも効果的です。4KモニターはフルHDの約4倍に当たる高い解像度で映像を表示でき、最近ではお手頃価格の製品も登場しています。

そこで今回は、黒のおすすめ4Kモニターをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【4Kモニターの選び方】

  • サイズで選ぶ
  • HDR機能の有無で選ぶ
  • 端子の種類や数で選ぶ
  • 液晶パネルの駆動方式で選ぶ

4Kモニターの選び方

サイズで選ぶ

4Kモニターは、標準的なモニターサイズの23インチ程度から、50インチを超える大画面のモデルまでラインナップされています。一般的に、画面の高さを1.5倍にした距離が適切な視聴距離とされているため、設置できるスペースや用途に適したサイズを選ぶことが大切です。
また、4KモニターをPCと接続しデスク上に設置して使う場合は、50〜60cm程度の視聴距離をとるのがおすすめ。サイズが大きすぎると目が疲れてしまうので、奥行き60cm程度のデスクで最大24インチ、奥行き70cm程度のデスクで最大28インチを目安にしてみてください。
PS4などゲーム用として4Kモニターを使う場合は、適切な視聴距離と合わせて設置する部屋の広さもチェックしておきましょう。40インチなら約0.9mの視聴距離と4畳半以上の広さ、50インチなら約1mの視聴距離と8畳以上の広さが目安です。参考にしつつ、視聴しやすいサイズを選択してみてください。

HDR機能の有無で選ぶ

HDRとは「High Dynamic Range」の略。主流だったSDR「Standard Dynamic Range」と比較して明暗の表現幅が広く、より肉眼で見た景色に近いのが特徴です。
例えば、SDRだと日陰のところが真っ黒になってしまったり、日の当たる部分が白っぽくなってしまったりと、映像が不自然になることがあります。一方、HDRに対応したモニターであれば、より自然界に近い色彩で明暗を表現することが可能です。
なお、業界の標準といえるのはUHDブルーレイに採用されている「HDR10」ですが、さらに拡張された規格「HDR10+」も普及しています。また、VESAが策定した品質基準の「DisplayHDR」もあり、最大輝度や色域カバー率によって、400・600・1000の3種類に分かれています。DisplayHDR認定製品はいずれも「HDR10」をサポートしているので、気になる方は併せて確認しておきましょう。

端子の種類や数で選ぶ

4Kモニターを選ぶ際は、モニターの入力端子と接続したい機器の出力端子が一致しているかをチェックしておきましょう。両者の端子が一致していない場合でも、変換アダプターや変換ケーブルを利用して接続できますが、性能が十分発揮できない可能性があります。
4Kモニターに採用されている端子は、主に「HDMI」と「DisplayPort」の2種類です。HDMIの最大解像度は4096×2160で、DisplayPortの最大解像度は7680×4320。どちらも4Kの解像度に対応していますが、古いバージョンでは4Kに対応できないため、HDMIは2.0、DisplayPortは1.3以降の端子であることを確認してみてください。
また、モニターにPCやPS4など複数の機器を常時接続することも考えられます。想定よりも余裕をもって端子の数をチェックするのがおすすめです。

液晶パネルの駆動方式で選ぶ

TN方式

TNとは「Twisted Nematic」の略。「ねじれネマティック」と、訳して使われることもあります。電圧をかけると液晶分子がねじれるので、光を遮断したり通過させたりして、画面の明暗を変えているのが特徴です。
液晶パネルの方式としては以前から普及しているタイプで、比較的安価に購入することが可能。応答速度が速く残像感が少ないため、144Hz表示の高リフレッシュレートを活かしたゲーミングモニターとしても多く使われています。

 

VA方式

VAとは「Vertical Alignment」の略。液晶分子は電圧がオフになると垂直になって黒くなり、最大電圧になると水平に並んで画面が白くなります。この仕組みを採用することによって、電圧オフ時にバックライト光が液晶分子の影響を受けずに偏光板で完全に遮断されるので、より純粋な黒を表現することが可能。コントラスト比を上げやすいのがメリットです。
注意点は、液晶分子の角度によってバックライト光量を制御するため、見る角度によっては透過する光量が異なり、輝度と色に変化が出やすいこと。各メーカーは、配向分割技術を採用することで液晶分子の傾きを調節し、画面全体の光量を平均化して視野角による色変化を抑制しています。

 

IPS方式

IPSとは「In Plane Switching」の略。液晶分子を水平に寝かせて横方向に回転させることで、バックライトの光量を制御します。輝度と色の変化が少なく、視野角が広いのがメリットです。色の再現度が高いので静止画の表示に優れており、モニターとしては写真編集などのクリエイティブなシーンで多用されています。
ただし、光の漏れが大きく、引き締まった美しい黒を表現しにくいのがデメリット。映像の臨場感や迫力にはやや物足りなさを感じる場合もありますが、発色は良好です。複数人で4Kモニターを囲み、動画コンテンツを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

【4KモニターのBLACK LIST①】|Dell 4Kモニター 27インチ U2720QM

特徴①VESA DisplayHDR 400モニター

優れた最高輝度と1,300:1の高コントラスト比、DCI-P3カバー率95%の幅広い色範囲を誇るVESA DisplayHDR 400モニターは、影の細部にわたって色彩のグラデーションを美しく鮮明に、本来の色で再現。実物に忠実な色で表示します。

特徴②USB-Cの絶大なパワー

最大90Wの電源供給をUSB-C経由で利用できる※ため、ノートパソコンのバッテリーが充電された状態を継続して生産性を維持できます。さらに、電源、データ、ビデオが1本のケーブルで接続されているので、デスクからの切り替えを短時間で行うことができます。

サイドの便利な位置にあるUSB Type-AポートとUSB-Cポートに簡単にアクセスできるので、さまざまなデバイスを素早く接続できます。

特徴③すっきりとした背面デザイン

ケーブルをまとめられるスロットが付いた、堅牢なスタンドを採用。USBキーボードやマウス等を接続しても、デスクはすっきり。

特徴④Dell Display Manager

マルチタスクをもっと快適に

最大38のレイアウト:Easy Arrangeを使用すると、複数のアプリケーションを画面上で整理し、任意のテンプレートにスナップすることができるため、マルチタスクを簡単に行うことができます。またデュアル モニターを左右に並べてパーソナライズしたり、2台のモニターにまたがってデスクトップ スペースを拡大したりすることもできます。

シームレスな移行:自動復元機能を使用して再接続すると、中断した場所を記憶して、前回のアプリケーション ウィンドウをすばやく復元します。

Input Manager:複数の入力を簡単に切り替え可能。ユーザーは各入力に名前を割り当て、複数の接続デバイスにすばやく簡単にアクセスできるショートカット キーを定義できるため、プログラマーやゲーマーに役立ちます。

Amazon高評価レビュー

コスパ最強
4kディスプレイを選ぶ際、HDR、IPS、HDCP2.2、などわけわからない規格や機能を並べられて混乱する方も多いと思いますが、この商品は2019年時点で必要な最新機能は全て網羅していると言って良いです。
例えばPC用のディスプレイとしてだけでなく、Amazon TV Stick 4k を挿せば4k動画がちゃんと再生できます。
USB-Cが便利

本体や台座が薄くかつ小型なので、大画面ながら机の占有スペースが少なくて良いです。
MacBook Air 2018、 Pro 16やDELLのXPS13、XPS15を接続して利用して画面を拡張して使っていますが、液晶のベゼルが細いので、画面の継ぎ目もあまり気になりません。

【4KモニターのBLACK LIST②】|HP モニター 27インチ 4K ディスプレイ 5ZP65AA#ABJ

特徴①4Kのリアルな色彩と映像

UHD 4K の超高解像と最大10.7億の色表示で驚くほど精細な映像体験を。さらにIPS パネルを採用し、画面を上下左右の斜めから見ても色調やコントラストに変化が少なく、より自然な画像や映像をお楽しみいただけます。

特徴②超薄型で省スペース・コンパクト設計

超薄型のパネルとスリムなスタンドがモダンを採用。省スペースなので、コンパクトに設置する事が出来ます。表示位置や角度の調整が可能で、長時間の作業でも疲れにくい設計です。

特徴③目に優しい非光沢・ブルーライトカットモード

非光沢パネルは、画面のギラつきを抑えながらも画像のコントラストを損いません。また、ローブルーライトモードに設定すれば、健康に影響を及ぼす恐れのあるブルーライトを低減することができます。

特徴④便利で多彩なインターフェース

背面にはHDMIポートが2つ、 DisplayPortを実装していますので、最大3台のデバイスと接続する事ができます。

Amazon高評価レビュー

基本的に文句なしです
ベゼルが狭くてデザインも良く、かなり気に入ってます。
ネットでは27インチならFHDよりQHDの方が良いという記事もあり悩みましたが、
個人的にはこの解像度でちょうど良かったと感じます。
 軽い

長い間使用していた年代物の24インチモニタに、あらゆる点で不満が溜まっていたので交代選手を探していたところ、大きさと価格が魅力的な本製品を発見。

仕事用ということで画質は全く期待していなかった。
案の定あまりよくない(MacBookProの画質と比較すると雲底の差)。
ゲームやデザイン用のモニタを所望の方には勧められないものの、広い画面でオフィス系のソフトを使いたいという方には打ってつけ。

【4KモニターのBLACK LIST③】|LG モニター ディスプレイ 27UL650-W 27インチ

特徴①DisplayHDR400に対応

広域な輝度とコントラストに実現するVESA DisplayHDR 400をサポート。最新のゲーム、映像、画像の表現が大幅に向上し、

臨場感をアップさせます。

特徴②AMD FreeSyncテクノロジー

AMDのAPUまたはGPUとモニター間で、コンテンツのフレームレートとモニターのリフレッシュレートを同期させることで、ティアリング(画面のずれ)やスタッタリング(コマ落ち)抑え、滑らかな映像表示を可能にします

特徴③DAS(Dynamic Action Sync)モード

通常PCの映像信号を画面に表示させる際に経由するフレームバッファを通さず、ダイレクトに画面に出力することでタイムラグを短縮し、よりリアルタイムな表示を実現します。

特徴④ピボット、高さ調節に対応

画面を縦表示にするピボット(90度回転)や、高さ調節(110mm)、チルト(-5度~+15度の角度調節)にも対応するので、画面を最適なポジションでご覧いただけます。

Amazon高評価レビュー

コストパフォマンスの粋を集めたモニター
「4K」「23.8インチ」「安価」
この絶対的な3点を軸に絞っていくと、自ずとこのモニターにたどり着くようになっている。
間違いなく4Kで23.8インチ。
発色がおかしいとか、ドット欠けがあるとかはありませんでした。
初4k!

xbox one Xで遊ぶために購入、届いた商品はドット抜けも無くサイズ感も想定した通りで満足しております。
PHILIPS モニター ディスプレイ 328P6VUBREBと双子のようなスペックですがこちらの方が14000円安いのでこちらにしました。5万前後で4k、TNパネルを選択しない、4kなのに24インチや28インチはなんだか勿体無くて抵抗ある。
という方には価格とサイズと性能と画質のバランス的に素晴らしい商品になると思う。

合わせてGETしたいアイテム

4Kモニター BLACK LISTまとめ

【4Kモニターの選び方】

  • サイズで選ぶ
  • HDR機能の有無で選ぶ
  • 端子の種類や数で選ぶ
  • 液晶パネルの駆動方式で選ぶ

紹介した4Kモニターはこちら