心地よい打感と、ストレスレスな反応を。おすすめの【ゲーミングキーボード】の選び方

FPSやMMOのプレイヤーに欠かせない「ゲーミングキーボード」。無線タイプや静音設計、テンキーレスなどゲームに特化した仕様が魅力です。人体工学に基づいたものはプログラマーにも人気。しかし赤軸や青軸、PS/2といった聞き慣れない用語も多く、初心者にとっては選びにくいものです。

そこで今回は、黒のおすすめゲーミングキーボードをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【ゲーミングキーボードの選び方】

  • キーの種類をチェック
  • バックライト機能があると暗い場所でも見やすい

ゲーミングキーボードの選び方

キーの種類をチェック

メンブレン方式

メンブレン方式のキーボードは、ゲーミングキーボードの中で最もシンプルな構造で、押下時の感覚があまりないのが特徴です。一般のキーボードにも多く採用され、価格が比較的リーズナブルなのが魅力。
打鍵感はソフトで、静音性があるのでタイピングの音が気になりません。メンブレン方式よりもスイッチの精度や反応性に劣りますが、価格を重視して選びたい方におすすめです

メカニカル方式

メカニカル方式のキーボードは、ゲーミングに特化した機能を多く搭載しているのが特徴。キーの内側に特殊なスイッチやバネを使用しているので、快適な打鍵性と反応性を実感できます。
また、キーの耐久性に優れたモデルや、複数のキー同時押しを認識する機能を搭載したモデルが多いので、特にゲーミングにおすすめのキー方式です。

指が疲れにくく、長時間プレイに最適な「赤軸」

赤軸は、ゲームをプレイする時間が長い方や、疲れにくいものをお探しの方におすすめです。キー押下時の感触が最も軽く、カチッとしたクリック感がないところが特徴。また打鍵音も静かです。
ただ打鍵感が弱いために、叩くようにしてタイピングする方には物足りなさがあるかもしれません。

押下時の手ごたえを感じられる「青軸」

タイピング時に爽快感を求める方は、青軸を選びましょう。キーを押下した際にしっかりと跳ね返るため手ごたえを感じやすく、叩くようにしてタイピングする方には満足度が高いと言えます。

ただ打鍵音が大きめで、静かな場所での使用には向いていません。音を気にせずプレイできる環境での使用がおすすめです。

「茶軸」は、初心者でも使いやすいバランス型

初めてゲーミングキーボードを使うという初心者には、茶軸をおすすめします。茶軸は赤軸と青軸のちょうど中間のような位置づけで、赤軸よりもしっかりとしたクリック感がありながらも、青軸よりも音が控えめです。

高速タイピングを求める上級者向けの「黒軸」

瞬発力を求められるゲームでは、いかに高速でタイピングできるかも重要です。黒軸のゲーミングキーボードは、キー押下時の反応が素早く、音も比較的静かなのが特徴。

とにかく高速で打ちたい!というプレイヤーのニーズに応えてくれます。ただ疲れやすいという一面もあるので、ゲームに慣れている上級者向けと言えます。

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式のキーボードは、スイッチに物理的な接点がないのが特徴。ボタンを押下した時の抵抗感がなく、長時間の使用でも疲れません。
価格は高価なものが多いですが、ボタンごとにスイッチの重さを設定できるなど便利なものが多いので、カスタマイズにこだわりたい方へおすすめのキー方式です。

バックライト機能があると暗い場所でも見やすい

暗い場所でプレイする方には、バックライトキーボードがおすすめ。キートップの文字が浮かび上がるため暗い部屋でも見やすいのが魅力。部屋の明かりを落としてゲームの世界に没入したい方には、まさにぴったりでしょう。

文字を印字してあるキーとは異なり、タイピングによる文字の薄れがないのもメリットです。

ゲーム以外でも使うならキー配列も重要

ゲーミングキーボードの配列には、大きく分けて「日本語配列」と「英語配列」があります。日本語配列は「JIS配列」とも呼ばれ、全角や半角の切り替えやかな入力をできるのが特徴です。
しかし、海外のゲーミングキーボードは「英語配列」が主流。英語配列は「ASCII配列」「US配列」とも呼ばれ、海外ゲームをプレイする際にキーの割り当てを変更せずに利用できるのが魅力です。
日本語チャットが多い場合は日本語配列、海外ゲームを多く楽しむなら英語配列を選ぶとよいでしょう。

【ゲーミングキーボードのBLACK LIST①】|Logicool G ゲーミングキーボード LIGHTSYNC RGB G913-LN

特徴①超薄型・流線型デザイン

入念な設計により超薄型と耐久性を両立したG913。アルミニウム合金トップ プレートなどの高級素材により、ミニマリストなデザインと流線型の造形美を実現しました。

特徴②専用メディアコントロール

精巧なエンジニアリングによって生まれたエッジレスな音量ローラーと専用メディア キー。メディアの再生、停止、スキップ、ミュートを簡単かつ直感的にコントロールすることができます。

特徴③複数デバイスへの接続

LIGHTSPEEDワイヤレスに接続して1msの高速レポートレートを実現。ボタン一つで、Bluetooth対応デバイスに接続を切り替えることもできます。USBレシーバーで高いパフォーマンスのLIGHTSPEEDワイヤレスを利用するもよし、Bluetoothを使うもよし。場面に応じて、ワンタッチで切り替えましょう。

特徴④プログラム可能なGキー

5個の専用Gキーには、カスタム マクロやゲーム別コマンド、アプリ プロファイルを割り当て可能。Gキー5個とオンボード メモリ プロファイル3個で、最大15個のマクロに対応します。プロファイルやコマンドを簡単にセットアップ、管理するにはLogicool G HUBが必要です。

Amazon高評価レビュー

 欲しい機能が詰まったワイヤレスキーボード
LogicoolGシリーズのマウスでlogicool社のワイヤレス技術に惚れ込んだので、今回のg913は発売日と同時に購入しました。
外装は写真の通りのアルミニウムの高級感があり、ライティングを固定等大人しめにすればシックなインテリアにも合うと思います。
薄いお蔭でパームレストから開放された。机上がすっきりして非常に快適

・値段から言って当然かもしれないが高級感はかなりある
・打鍵感は良好。極薄筐体だがたわむ感覚は全く無い。内部が共鳴する不快な異音もない
・重量がしっかりある。打ってる間にズレたりはしない。
・マクロ登録出来るGキーが独立したのでファンクションキーの機能を潰さなくてよくなった
・やっぱりワイヤレスは便利

【ゲーミングキーボードのBLACK LIST②】|Razer BlackWidow Elite  メカニカル ゲーミングキーボード RZ03-02622900-R3J1

特徴①Razer™ メカニカルスイッチ

ゲーミング専用に設計された Razer™ メカニカルスイッチは、キー操作に対して超高速で反応するように最適化されたキーのアクチュエーションポイントとリセットポイントを設定しています。これらのスイッチには、安定性強化、ほこりや液体に対する保護機能強化のための新しいサイドウォールも用意しました。3 種類のスイッチからお好みのスイッチをお選びください。

特徴②エルゴノミックリストレスト

このキーボードには、キーボードの手前に取り付けることのできるマグネット式のエルゴノミック リストレストが付属しています。レザーレット製のリストレストが快適な使用感を提供します。

特徴③フルコントロール可能なキー

別のキーや機能への割り当て、そしてマクロへの複数のキーストロークの記録など、Razer BlackWidow Elite のすべてのキーがカスタマイズ可能です。Razer Chroma™ ライティングでは、最大 1,680 万色から選択でき、様々なバリエーションのライティング・エフェクトを実行できます。

特徴④マルチファンクション デジタルダイヤル

Razer BlackWidow Elite は、プログラム可能なマルチファンクションデジタルダイアルと 3 つのタクタイルメディアキーで、明るさからボリュームまですべての機能をキーボードコントロールに設定できます。専用のソフトウェア「Razer Synapse 3」 で、すべてをプログラムしてカスタマイズできます

Amazon高評価レビュー

本当に素晴らしい、過去最高だこれ
元々オレンジ軸を使っていたんですけど、キーボードのプラスチック感が
やっぱり嫌なのとキーがカバーで半分くらい隠れていて掃除がしにくい、ということで色々考えていたんですよね
キーボードとして品質が高いので、普段使いにも最高

緑軸の鍵打感が好きなので、迷わず緑軸。

まず、単純にキーボードとして使いやすいです。
キーボードの右上に、ミュートやオーディオの再生停止などのボタンがあるのですが
ここにマイクミュートや、ブラウザの起動等を割り当てて使っています。
ボタンの反応がいいので「押したつもりが押せてない」が発生しにくいです。
ストレスなくPCを使う事ができます。

【ゲーミングキーボードのBLACK LIST③】|Corsair K63 Red LED KB395 CH-9115020-JP

特徴①全てのキーにCHERRY MX Redキーを採用

金メッキ端子のCHERRY MX Redメカニカルゲーミングキースイッチが究極のパフォーマンスを実現する

鮮やかな赤色LEDバックライトを各キーに搭載。光り方はダイナミックで、発光パターンはほぼ無限

特徴②コンパクトなテンキーレスデザイン

コンパクトで携帯しやすく、キーボード横にマウス操作に十分なスペースを確保できる。

特徴③フルキーロールオーバーと100%アンチゴースト

ゲーム中にどれだけ高速な入力をしても、常に思った通りに認識される。

特徴④CUEが引き出すポテンシャル

CORSAIR Utility Engine (CUE) による完全なプログラミングが可能。任意のキーにマクロを割り当てたり、ダイナミックな照明効果を設定したりできる

Amazon高評価レビュー

 お値段以上じゃない?
メカニカルキーボードの数ある中から選びました。結果、これ買って正解でした。
一言で言うと、安っぽさが微塵もない。いや、寧ろお値段以上に感じます。
チェリー赤軸、コルセアという一流ブランド、キーイルミネーション、音楽のボリュームボタン、
メディア再生ボタン、ずっしりとした重量(安定)。これだけ付いて1万円そこらで買えるのですから。
メカニカルキーボードでも、な~んにも付いてなくても2万円そこらするキーボードもある中、
これだけてんこもりで1万円そこらというのは素晴らしいコスパだと思います。
 気に入ってます

見た目、打ち心地がとてもいいです。
メカニカルの中でも静かな気がしますが底打ち音が気になったのでHapursの静音リングを付けて使用しています。
打ち心地は微妙に下がりましたが体感できるくらい底打ち音がしなくなり、より一層自分好みになりました。
ゲームされる方なんかにはcorsair utility engineというソフトウェアでWindowsキーやALT+F4が無効設定にできるのでいいと思います。
唯一注意点を上げるとすればキー内部のLEDが軸の上部に付いているのでキー下側のひらがななどの文字が上側に比べ薄れます。

合わせてGETしたいアイテム

ゲーミングキーボード BLACK LISTまとめ

【ゲーミングキーボードの選び方】

  • キーの種類をチェック
  • バックライト機能があると暗い場所でも見やすい

紹介したゲーミングキーボードはこちら