長時間のデスクワークに、腱鞘炎予防に。おすすめの【トラックボール】の選び方

パソコンとセットで使うことが多いマウス。さまざまなアイテムがリリースされていますが、長時間使っていると手首や肩などが痛くなり、ストレスを感じることもあります。
そんな悩みを抱えているユーザーには「トラックボール」がおすすめ。慣れは必要ですが、画面が広いディスプレイでも的確かつスピーディに操作できるので、便利なアイテム

そこで今回は、黒のおすすめトラックボールをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

【トラックボールの選び方】

  • ボールの位置で選ぶ
  • 接続方法で選ぶ
  • 用途に合わせてサイズを選ぶ

トラックボールの選び方

ボールの位置で選ぶ

普通のマウスの感覚で操作しやすい「親指タイプ」

ボールを親指で操作するタイプ。ボタンやホイールの配置がマウスと似ているため、マウスを使い慣れた方はこちらが使いやすいかもしれません。

親指は初めての方でも比較的操作がしやすいので、初めてトラックボールを使うという方におすすめです。ただし親指の負担が高くなってしまいがちなので注意が必要です。

種類が多く左利きにもおすすめな「人差し指タイプ」

ボールを人差し指や中指で操作するタイプ。トラックボールの中でも種類やユーザー数が最も多いタイプで、左右対称のモデルあり、左利きのユーザーにも人気です。

親指タイプと比べて指の可動範囲が広がるため、大きなカーソルの移動もしやすくなります。しかし左クリックが親指になるため、マウスに慣れ親しんだ方には慣れるのにやや時間がかかるかもしれません。

大胆にカーソルを移動させたいなら「手のひらタイプ」

ボールを手のひらや指の腹全体で操作するタイプ。本体の形状が四角い形をしているケンジントン製が代表的で、ボールの周囲を囲むようにボタンが配置されています。ボールを大きく動かしやすいので、素早くカーソルを動かしたい場合におすすめです。

こちらも左右対称モデルのため、左利きの方でも安心。ただマウスとは形も操作感も異なるので、初心者には少しハードルの高いタイプといえるでしょう。ですが一度慣れてしまえば、自由でワイドな操作を可能にしてくれる頼りになるタイプです。

接続方法で選ぶ

無線接続(Bluetooth)

PCとマウスを繋ぐわずらわしいコード類がなく、マウスが動かしやすいほか、デスク上がスッキリとするのが無線接続。トラックボールマウスに省スペース性を求めている方におすすめの接続方法です。
無線接続には、Bluetoothと2.4GHzの2種類があります。Bluetoothは対応しているPCであればペアリングするだけで簡単に接続可能。レシーバーを挿す必要がなく、USBポートを埋めないのが利点です。また、USBポートのないタブレット端末やスマートフォンなどで使用できるのも特徴です。
2.4GHzは、受信側のUSBポートに専用レシーバーを挿してマウスと接続します。Bluetoothと比べてUSBポートが1つ埋まってしまうのが難点ですが、ペアリングの必要がなくレシーバーを挿すだけで接続可能です。
なお、製品によっては1つのレシーバーでマウスとキーボードなど複数の機器を登録できるものもあります。

有線接続

PCとマウスをUSBコードで直接繋いで使用するのが有線接続です。無線接続に比べてコードがある分、ある程度スペースをとっておかないとマウスが動かしにくいなどのデメリットがありますが、コードから電源を取るため電池や充電の必要がありません。
また、無線接続に比べてレスポンスが早いのも特徴です。最近では無線接続の技術が向上して、レスポンス速度の差はほぼないと言われています。しかし、音楽制作や動画編集などの用途で使う場合は、少しの遅延が原因で作業効率が下がる恐れがあるため、有線がおすすめ。また、無線接続に比べて価格が安いほか、BIOS画面で使用できるのも有線接続のメリットです。

用途に合わせてサイズを選ぶ

固定して使うなら手の平に収まらないサイズを目安に

大きめで手全体で自然に包み込めるサイズのものは、長時間使用しても疲れにいのが特徴。ボールの位置にもよりますが、だいたいの目安として奥行・幅・高さの合計が300mm程度あるものは大き目の部類に入るでしょう。

 

ただし手の大きさや形は人によって違うので、気になる方は実際に家電量販店に行って実際に大きさや形状を確認し、実際に自分の手にフィットするかチェックしてみてくださいね

携帯用ならレシーバーを本体に収納できるものを

携帯用のマウスとしてコンパクトモデルを選ぶのは当然ですが、特におすすめなのが「レシーバーを本体に収納できる」ものです。は、カバンの中でレシーバーを紛失してしまう心配もなくすっきりと収納できるため、持ち運びにはぴったりでしょう

【トラックボールのBLACK LIST①】|ロジクール トラックボール MXTB1s

特徴①人の手によって成形された形状で、通常のマウスに比べ筋緊張を20%軽減

人の手によって成形された形状が手のひら全体と指をサポート。マウス使用時と比べ、筋活動量が減少することで快適性を維持。さらに、傾斜角を20°に調節可能、より自然に近い手のポジションで筋疲労を軽減。

特徴②アドバンストラッキングおよびプレシジョンモードボタン

ボタンを押すだけでスピードモードとプレシジョンモードを瞬時に切り替え、アプリケーションにあわせて使い分け可能。

特徴③正確で信頼性の高いクリックパフォーマンスと高い耐久性

左右ボタンはよりシャープで一貫したクリック感を実現。1,000万回のクリックに耐える高い耐久性も備える。

特徴④高速充電式バッテリー

1回のフル充電で最長4ヵ月間、1分の充電で約1日(約8時間)使用可能。

Amazon高評価レビュー

使いやすいトラックボール
M570、M570tと5年以上つかっているところからの乗り換え。
比較して良い点として
– ボールの動きがスムーズ
– スイッチが程よいクリック感
– ラバーが手のひらに馴染む
– Bluetoothが使えるようになったのでノートPCにレシーバーをつけなくても良くなった。
– 斜めに角度がついたのは慣れると使いやすい
腱鞘炎予防に

M570を10年ほど利用しています。
最近キーボードとカーソル操作で指が痛くなってきて、ひょっとしてトラックボールも替えるといいのではと思い
藁にも縋る思いで購入。結果は非常に良かったです

【トラックボールのBLACK LIST②】|ロジクール トラックボール SW-M570

特徴①腕や手首が疲れにくい

本体のトラックボールを転がしカーソルを操作するトラックボールマウス。トラックボールマウスは通常のマウスと違い本体を動かす必要がないため、カーソル操作時に腕や手首に負担がかかりません。

緩やかなカーブを描くフォルムが手を支え、一日中快適な操作が可能です。

特徴②どこでも使える

トラックボールは本体を動かさないマウス。使用する場所を選ばないので、狭いデスクでも精確なカーソル操作が可能です。

また、柔らかいソファやベッドの上でも快適にマウスが使用できます。

特徴③簡単ワイヤレス接続

UnifyingレシーバーをUSBポートに繋ぐだけの簡単接続。

面倒なソフトウェアのインストールは不要です。

ロジクール独自のUnifyingUSBでは最大6台の対応デバイスを1つのUSBで接続可能。USBポートを有効活用できます。

また超小型なので挿したままでもOK。いつでもすぐに使えます。

特徴④18ケ月の長電池寿命

付属の単三形乾電池を交換しなくても、18ヶ月*使用できます。便利なステータスインジケーターを搭載しているため、急な電池切れに慌てることもありません。

Amazon高評価レビュー

 2つ目を購入
・普通のマウスに比べて肩や肘、手首への負担が少なく、疲れにくいです
・使う場所を選ばないので、寝転んだりしても問題なく使う事が出来ます、特にデスクではなく座卓やソファーなどでノート等を使う際は楽です
ドラッグも非アクティブウィンドウスクロールも簡単設定!

マウスと手のフィット感がとても気に入ってます。会社で使うと、やはりトラックボール派はまだまだ少数派で、少し恥ずかしいですが。。ロジクールのこのシリーズをもう何年も使っていて今は3代目になります。ぜひ、トラックボールマウスを使ってみてください。クセになりますよ。

合わせてGETしたいアイテム

トラックボール BLACK LISTまとめ

【トラックボールの選び方】

  • ボールの位置で選ぶ
  • 接続方法で選ぶ
  • 用途に合わせてサイズを選ぶ

紹介したトラックボールはこちら